女性誌の話題 プロフィール ブログ 画像 動画 壁紙 DVD 掲示板 BBS


by womeninfo

カテゴリ:婦人公論( 2 )

婦人公論 2018年 2/13 号
f0229488_09414114.jpg

元日本テレビキャスターで、フリーアナウンサーの丸岡いずみさん(46歳)が、「婦人公論」(2018年2月13日号)で、過去2度の流産経験を告白すると同時に、ロシア代理母出産により第1子が誕生したことを報告した記事が掲載。




 フリーアナウンサーの丸岡いずみさん(46)と夫で映画コメンテーターの有村昆さん(41)が2018年(平成30年)1月23日、ともにブログ更新。ロシアの代理母出産で第1子となる3400グラムの男児をもうけていたことを報告した。ブログには夫婦で新生児を抱く写真を掲載している。

 丸岡いずみさんは「この度、私たち夫婦の凍結受精卵を用いた海外での代理母出産で2018年1月3日(現地時間)に3400グラムの元気な男の子が生まれました。2012年より不妊治療を開始、6年の歳月の中で様々なことがありましたが周りの多くの方々の協力を経て、我が家へ赤ちゃんを迎えることができました」と記した。

 待望の第1子に「我が子に対面した時の感動は言葉では言い表せないほどのもので、夫と共に大泣きしてしまいました」といい「今後は、精一杯の愛情を注ぎながら母親としてまた人として子供と共に自分自身も成長していければと考えています」とつづった。

 代理母出産は日本では法的な規制はないが、日本産科婦人科学会が「認められない」としており、国内では原則行われていない。「代理母出産に関してはもちろん様々なご意見があると思いますが、今後も子供の成長を温かく見守って頂ければ幸いです」としていた。

 パパとなった有村昆さんは「今回の件では、家族や周りの人達の応援と協力ありましての事です。心より感謝しております」としていた。

162.png癒しの動画 おすすめチャンネル173.png



[PR]
by womeninfo | 2018-01-23 09:50 | 婦人公論
小保方晴子さんと瀬戸内寂聴さんが女性誌「婦人公論」で対談
婦人公論 2016年6月14日号
f0229488_4292638.jpg


056.gif小保方晴子さんと瀬戸内寂聴さんが女性誌「婦人公論」で対談 <ーー


STAP細胞の論文問題で話題になった小保方晴子おぼかたはるこ)さんと、小説家であり天台宗の尼僧である瀬戸内寂聴せとうちじゃくちょう)さんが、2016年(平成28年) 5月24日発売の女性誌「婦人公論」(2016年6月14日号)で対談されました。

7ページにわたる小保方晴子さんと瀬戸内寂聴さんの対談記事の収録は、4月に京都・嵯峨野の瀬戸内寂聴さんが開いている寺院「曼陀羅山 寂庵(まんだらさん じゃくあん)」で行われました。

2014年のSTAP細胞をめぐる問題から約2年経った小保方晴子さんは白いワンピース姿で、ずいぶんお痩せになったようですが、瀬戸内寂聴さんとともに微笑んでいます。

小保方晴子さんは、現在の生活のこと、家族や研究への思い、自身の未来などについて語っています。

瀬戸内寂聴さんは、今も自由に外出できずにいる小保方晴子さんに同情して「上を向いて生きなさい」と励まされています。











f0229488_11345153.jpg



056.gif訳あり無料情報やお得な情報







[PR]
by womeninfo | 2016-05-24 04:32 | 婦人公論